カーボン複合材ケーススタディー

デザインと高性能の一体化

オン・デマンドで提供される高性能

Lacks Carbon FiberTM 製ホイールは、炭素繊維複合材リムの性能上の利点とアルミ合金製センターディスクの設計上の自由度を兼ね備えています。軽量で高性能なホイールを、拡張性のある製造手段により、多様なデザインで提供することがついに実現しました。

サーキットで生まれ、路上走行に耐える造り

超ハイパーフォーマンス特性をもつ炭素繊維複合材は、軽量化、乗り心地とハンドリング、エネルギー効率、低騒音の利点を提供します。

  • 回転慣性の低減化による加減速性能の向上
  • ばね下重量の軽減化によるすぐれた乗り心地とハンドリング
  • 騒音、振動、ハーシュネス(NVH)の減衰による静かな乗り心地
  • デザインの自由度拡大によるブランド差別化

材料の再発明

当社のツーピースホイールはスタイリングで妥協することなく、同時に高性能を発揮できるよう設計されています。自然環境および化学物質暴露をともなう高温下での使用環境対応がもたらす構造の複雑さを解決する過程で、成形材調合、モールディング、および加工技術が進歩しました。

研究室の開発範囲
社内研究開発により高強度、高ガラス転移点(Tg)、劣化しない熱硬化性成形材の調合法などが開発されました。
パターン認識
各種の成形材特性を生かした当社独自のモールディング手法により、炭素繊維のよりきめの粗い織目、より大胆で明瞭なカーボン繊維の仕上げが可能になりました。
処理能力
新しいレイアップおよびモールディングの工程により製造の拡張性が広がり、成形材転移モールドに対する炭素繊維のパターンはより美しい仕上がりになりました。
環境耐性
環境ストレスに耐える得る設計を施した Lacks の自社製成形材は、耐衝撃性と耐疲労性が向上しています。Lacksが開発した紫外線と薬物に対するコーティング性能の有効化により、リムのアタッチメントは電解腐食耐性も得ています。

デザインによる差異化

ツーピースのLacks Carbon FiberTM製ホイールはCFRP製ホイールリムの性能向上と合金ディスクのデザインの柔軟性を実現します。当社の炭素繊維複合材リムは、一つの有効化されたホイールリムに、強度や剛性、軽量化を損なうことなく、無限に多様なデザインと優れた仕上げを両立させています。

  • 形状設計における柔軟性の向上
  • シンプルになったデザインバリエーション
  • 市場投入の短縮化と低コスト化によるリフレッシュ・サイクルの改善
  • 当社の紫外線耐性と薬物耐性が有効化されたコーティングにより、リム・アタッチメントは電解腐食に対する耐性も発揮します

 

カーボン複合材ケーススタディー

より大きなものに参画

2020年型トヨタ Avalon TRDのホイールに選定される。

「これで良い」 レベルに留まらないこと

過去50年以上にわたり、Lacksはデザインと機能を両立させる何百万もの自動車用部品のソリューションを提供してきました ‐ その両立で妥協はしませんでした。高分子化学、成形、加工と試験、それらのイノベーションを通してLacks Carbon FiberTM は、お客様が求めている性能の提供を、優れたデザインに必要な自由度も伴って実現します。