Tessera® テクスチャ加工仕上げ

高精細3Dテクスチャによる変形

Tessera® テクスチャ加工仕上げにより、真正の想起的な3Dサーフェスデザインが実現

Tessera® は、微細な3Dテクスチャのエンジニアリングをコンポーネントの表面に直接施すことで、驚くほど滑らかな仕上がりを実現します。パターンデザイン、精度の深さ、寸法、方向、配置、エッジコントロールはすべて高度なカスタマイズが可能です。これは、複雑なTessera® アルゴリズムが縦・横・高さ全体で各パターンを適用して操作し、部品形状を正確に反映することで光学的に設計目標を達成することができるからです。

フィール:フォーミュラ

Lacks独自のシステムにより、彫刻された表面全にわたって複雑なテクスチャが構築されます

社内での綿密なコラボレーション統合とは、開発、レンダリングされた部品画像、選択された仕上げによるサンプリング、マスターのテストおよび作成からのすべての変数の制御を意味します。変数を精密に制御することで、部品ジオメトリに対応でき、これまで想像もできなかった、表面をフィーチャーした侵入や突起の変動に対応することができます。その精度にLacksの生産管理を組み合わせると、めっきから仕上げまでの品質を検証できるということです。

Tessera® の精度制御により余分な工具や製造作業が削減されるため、追加の接合部品も減少し、関連する問題(BSRなど)も排除されます。

Tessera® テクスチャ加工仕上げを選ぶ理由

  • Tessera® テクスチャ は、二次的操作を必要とせずに付加価値を高めるため、費用対効果の管理が可能
  • Tessera® デザインは、余分なテクスチャの追加によりコストが増加する場合、各工程およびツールにかけるコストを削減したい場合に有効な手段です
  • テクスチャによりもう一段上の質が加えられるため、トリムレベルの差別化が実現