Lacks Over 50 Years Strong

始まり

父と息子、イノベーションを家族の事業とする

自動車とアメリカンドリームが1世紀以上にわたり絡み合っていたため、50年以上前に父と息子が起業家精神を抱き、大きな野心と希望で持って自動車産業に製造部品を販売して生計を立てようとしたのも当然の流れでした。

当時オランダのREM Die Casting、Inc.勤務のセールスマンだったJohn P. Lacksは、1961年にREM製品を加工するMetalac Corp.を設立するために、塗料のセールスマンだった息子のRichard Lacks Sr.を誘いました。一年後、彼らは初期の成功で勇気付けられ、追加のメタル仕上げサービスを提供するためAce Platingを買収し、最終的には装飾塗装能力を提供するためDecolacを買収しました。過去10年間、彼らのビジネスは、REMを買収するほどの成長を遂げ、最終的にはGrand RapidsのCascade Roadに位置する唯一のロケーションを中心に、Lacksの傘下にある様々な組織を結集させました。

進化

ダイキャストからプラスチックまで

1970年代半ばまでに、射出成形の登場とデトロイト市が軽量部品を要望していたことから、同社はメタル加工からプラスチック加工に移行しました。他者によるバンパートリムやグリル用の亜鉛ダイカスト部品の数多くの登場が明らかになったため、Lackは自動車業界における市場の地位を守るために新しいテクノロジーを検討しました。

この移行は、無電解めっきからインパクトの高いプラスチック部品のめっきまで、めっき、ペイント、モールディングのさまざまなプロセス革新につながり、自動車の急速に変化するニーズに対応するために事業を拡大しました。1978年の壊滅的な火災でさえも、同社の成長と進化は弱まることがありませんでした。

現在

歴史は続く

4世代にわたる家族のリーダーシップの継続により、過去10年毎にLacksは大きな成長を遂げ、今日のための新しいプロセスと製品革新を生み出すために、広範な研究開発活動と先見的なアイデアを構築してきました。組織の中心は従業員であり、その献身と忠誠心は、引き続き家族経営を実行可能で自立的な活動にしています。

Lacks Founders 1961

1961年

JP Lacksと、息子のRichard Sr.は、ダイカスト製品を製作するため、Metalac Corporationを創立しました。

1962 Ace Plating Facility

1962年

Metalac Corp.がACE Plating&Decolacを買収。

Lacks Vintage Logo 1972

1972年

Lacksファミリーは、Lacks Industriesという新しい名前で事業を展開しています。

70年代半ば

Lacks Enterprisesは、ダイカストめっきから複合プラスチック材料のクロムめっき用途に移行し ー 自動車製造の外側内側から ー 自動車業界をメタル製造から合成樹脂材料のトリム部品への移行に導いています。

1981年

Lacksは最初の射出成形工場を開く。

1983年

Lackはコンピューターの筐に対する無電解めっきを導入

Airline West 1985

1985年

Lacksは、環境を配慮した内部廃棄物処理システムとコンピューター自動化部品処理を備えた、イノベーション主導の工場施設「Airlane」をオープンしました。

Lacks Timeline 1991

1991年

Richard Lacks Sr.は、IBMのQuality Performance Awardを2年連続で受賞し、フォード顧客評価でのQ-1を受けています。

Lacks HIPP140 1994

1994年

Lacksは高インパクトめっきプラスチックHIPP-140™ を特許取得します。

Chrometec Wheel System

1997年

6年間の開発の後、LacksはChromtec® 複合ホイール技術を紹介します。

Richard Lacks Jr becomes CEO

1999年

Lacks第三世代の家族のリーダー、Richard Lacks Jr.がCEOに就任。

Mercy Health Saint Mary's 1999

1999年

Richard Lacks Sr.に敬意を表して、Lacks一族は、Lacks Cancer Center創立援助として、Mercy Health Saint Mary’sに有意義な貢献をしています。

1999 Lacks Business Divisions

1999年

Lacksは専門家の卓越したセンターをつくるために、独立したビジネスユニットを設けています

  • Lacksトリムシステム
  • Lacksホイールトリムシステム
  • Plastic Plate LLC
Electroplating Gloss Levels 2003

2003年

Lacksは、伝統的な高光沢からサテン仕上げまで、広範囲の光沢反射レベルを導入しています。

SpinelleTM Metal Finishes 2005

2005年

Lackは、当社独自のカラーオーバークロム技術であるSpinelle™ メタル仕上げを導入しています。

*2018年時点で、Lacksは5,000万個以上のSpinelle™ めっき部品を製造しました。

Selective Spinelle 2009

2009年

Lacksが紹介したSelective Spinelle™ 仕上げテクノロジーは、 単一のめっき加工パーツに複数の仕上げを可能にします。

eVolve Hybrid Wheels 2011

2011年

eVolve® ハイブリッドホイール技術が開発され、より軽量でより空気力学的な複合ホイール技術オプションを顧客に提供します。

R&D Facility 2015

2015年

Lacksは、すべての主要な自動車OEM評価要件を特色とし、その類の最も現代的な施設の1つとみなされる、完全専用の180,000平方フィートの研究開発施設を開設します。

Tessera Textured Finishes 2018

2018年

Tessera® テクスチャ加工仕上げの最初の大量生産は、受賞実績のある2019年のRam 1500インテリアで際立っています。